専修学校 育成保育カレッジ学院
line
  •  
  •  
保育補助の仕事をしながら“育成保育”で学んでいます。
2018年 10月 30日(火曜日)

Nくん 幼児教育科(夜間部)3年生

 学生インタビュー画像
 
──保育士になりたいと思ったきっかけは何ですか?
小さいおいっ子・めいっ子の面倒をみてきて、昔から子供の相手をするのが好きでした。将来は保育の仕事をしたいと思うようになって、高校を卒業してから浦添市にある保育園で補助の仕事をはじめました。
 
──保育補助の仕事はどれくらい続けているのですか?
もう2年くらいになりますね。保育補助の仕事をするなかで、きちんと保育士の資格をとりたいと思うようになりました。保育補助の仕事を続けながらでも勉強できるように、育成保育カレッジ学院の夜間部(幼児教育科)に入学しました。
 
──働きながら勉強を続けるための工夫はありますか?
フルタイムで働いているので、朝7時に勤務開始のときには終わるのは夕方4時くらいになります。それから学校に行って、授業が終わるのが夜9時10分なので、わずかな時間の合間を見つけて勉強するようにしています。
 
──7月から保育実習が始まりましたが、実習をした感想は?
浦添市にある保育園で実習したのですが、最初は人見知りして泣く子もいました。でも抱っことかでコミュニケーションすることで、帰るころには子供たちからよってきてくれるようになりました。実習先の先生方からも「よかった」と言ってもられるようになりました。
 
──学校で習ったことで実習のときに役立ったことはありましたか?
声楽の授業で歌とか童謡とか練習したことが、実習で活かせました。ピアノを弾くときも、専任講師による個人レッスンを習っておいてよかったと思いました。 手遊びは、子供たちと仲良くなるのに役立ちました。リズムに合わせて手の動作をする遊びを子どもたちに教えるのですが、それまで騒がしかった子どもたちでも喜んで手遊びに集中してくれます。
 
──現在はどこに住んでおられるのですか?
那覇市内に住んでいます。通学はバイクに乗って15分間くらいの距離です。
 
──那覇市内にも保育の専門学校はたくさんありますが、宜野湾市にある
      成保育カレッジ学院を選んだ理由は?
働きながらでも通える夜間部があることに加えて、ピアノ個人レッスンや豊富な独自カリキュラムに魅力を感じました。保育の仕事を先に経験していたので、こういうカリキュラムが大切だと感じました。
 
──休みの日にはどんなことをしていますか?
貴重な休みなので、眠ったりドライブしたりとか、好きなことをしています。
 
──将来はどんな保育士になりたいですか?
子どもたちに好かれて、一人ひとりに寄り添った保育ができる人間になりたいと思います。

 

 
オープンスクール
  •  
  •  
戻 る