学生インタビュー【就活生】
専修学校 育成保育カレッジ学院
line
  •  
  •  
学生インタビュー育成保育カレッジ学院ってどんな学校?

育成保育カレッジ学院に通う学生へのインタビューです。学校生活や保育士の勉強について語ってもらいます。(※名前は仮名です)

 
1年次インタビュー 2年次インタビュー 3年次インタビュー 就活生インタビュー
 
就職活動学生インタビュー
今回は、福祉保育科3年次の2人に登場してもらいました。
育成保育学生 下田さん
福祉保育課(昼間部)3年次
  育成保育学生 根本さん
福祉保育科(昼間部)3年次
 
まず出身地と、保育士になろうと思ったきっかけを教えてください。
下田さん 下田さん
糸満高校出身です。高校の進路指導室でいろいろ資料を見て、保育士の仕事をしたいと思うようになりました。“育成保育”のことも、このころ知りました。
 
根本さん 根本さん
浦添高校出身です。幼稚園に入ったころ、私が初めての集団生活でとまどっていたら、担任の先生が上手に緊張を和らげてくれました。そのとき「こんな仕事があるんだ」と思い、保育士になることを意識するようになりました。
 
卒業後の就職先はどこに決まったのですか?
下田さん 下田さん
家の近くにある糸満市の保育園です。その保育園で働いている中学・高校の先輩に誘われて、職場体験と就職面接を受けました。
 
根本さん 根本さん
私も地元の浦添市にある保育園です。いくつもの保育所や福祉事業所が参加する合同就職説明会に参加して、自分のしたい仕事ができる職場を探しました。
 
求人の情報を集めるときに工夫したことはありますか?
下田さん 下田さん
学校の掲示板にある求人票を見たり、保育の仕事をしている先輩から就職についての情報を教えてもらいました。
 
根本さん 根本さん
学校の掲示板を中心に、また保育実習のときに実習先の先生方にいろいろ聞いて「保育所の仕事って、こんな感じなんだ」とわかるようになりました。
 
どのような就職活動をしましたか?
下田さん 下田さん
先輩から誘われて地元の保育園を訪問して、子供たちを相手にして1時間くらい職場体験をしたあと、主任の先生からお話をうかがいました。それから園長先生と面接して、その日に「採用します」と言ってもらえました。
 
根本さん 根本さん
合同就職説明会は役に立ちました。うちの学校で参加している合同説明会のほかにも、ハローワークとか社会福祉協議会とか合同説明会を開いている団体がいくつかあって、いろいろ話を聞くことができます。
合同説明会に参加してた20園ほどのなかから、家から通える浦添周辺の保育所にしぼって4園の説明を受けました。そのなかから1つの保育所を選んで職場体験と就職面接を受けて、内定をいただきました。
 
面接のときに気をつけたことや、授業で役立ったことはありますか?

就職模擬面接の風景
下田さん 下田さん
学校で模擬面接したときのことを思い出しながら、あいさつと笑顔と身だしなみに気をつけました。職場体験に行ったときは先生方みんなにごあいさつしました。面接のあと、先生方から「明るくて元気だね」と言ってもらえました。
根本さん 根本さん
接遇マナーの授業が就職面接で役に立ちました。名刺の受け取り方とか、あいさつやおじぎの仕方とか、習ったことを活かすことができました。
 
職場体験では、実際に子供たちを相手にして臨時スタッフとして働いたのですか?

保育実習の風景(※写真はイメージです。
今回のインタビューとは関係ありません。)
下田さん 下田さん
はい、職場体験で子供たちの相手をするときに、授業で習ったことが役に立ちました。
3年次の保育実習が終わったあと、「ああすればよかった、こうすればよかった」と思うことがたくさんありました。就職活動の職場体験のときには、保育実習での反省点を思い出しながら子供たちと接することができました。
根本さん 根本さん
レクリエーションの授業で、短時間でもできる遊びなども習っていたので、それが役立ちました。
たとえば紙芝居をするときに、子供たちがザワザワしていたら「手遊びしましょう」と声をかけて、しばらく一緒に遊んで子供たちの集中力をこちらにひきつけるということができました。
 
保育の勉強について、後輩たちへのアドバイスはありますか?

手話講習の授業
下田さん 下田さん
レクリエーションの授業はしっかり習っておいたほうがいいです。保育実習や職場体験の現場で「あ、これ授業でやったことだ」と気づくことがたくさんありました。
音楽リズムや琉舞・わらべ歌などの授業も、保育所の現場でも子供たちに教えることが多いので役立ちます。就職の面接でも「授業で琉舞を少し習いました」とアピールすることができました。
根本さん 根本さん
保育実習などで障害者福祉施設に行くこともあるから、いろいろな障害についての勉強も学校で教えてもらいます。障害の内容は一人ひとり違うし、「発作を起こした時にこう対応する」などの知識をあらかじめ知っていれば、いざというとき対応しやすくなります。
あと、保育の雑誌を読んでいたことも役立ちました。時間の空いたときにちょっと読むくらいでも、学校の授業で習ったことにプラスして役立ちました。
 
 
次に、就職活動について後輩たちにアドバイスはありますか?
下田さん 下田さん
3年次は保育実習や教育実習が7月から11月まであるので、合同就職説明会への参加など、就職活動の時間を計画的に作ったほうがいいと思います。自分でどんどん行動したほうがいい。
 
根本さん 根本さん
合同就職説明会は、効率がいいと思います。説明会を主催する団体によっては、「どんな施設を希望しているか?」「希望する給与は?」「長期雇用か、臨時雇用か?」などこちらの条件に合わせて資料を送ってくれるところもあります。
 
ありがとうございました。最後に、今後の目標について教えてください。
下田さん 下田さん
保育園の仕事をしっかり学びながら、いつか将来は幼稚園の仕事も体験してみたい。心理カウンセラーの資格も、子どもと接するために役立つかもしれないので興味あります。
 
根本さん 根本さん
小学校・中学校・高校とか、さまざまな年代の子供たちの成長とか関わる仕事をしてみたいです。
 
 
オープンスクール
  •  
  •  
戻 る