学生インタビュー【3年生】
専修学校 育成保育カレッジ学院
line
  •  
  •  
学生インタビュー育成保育カレッジ学院ってどんな学校?

育成保育カレッジ学院に通う学生へのインタビューです。学校生活や保育士の勉強について語ってもらいます。(※名前は仮名です)

 
1年次インタビュー 2年次インタビュー 3年次インタビュー 就活生インタビュー
 
3年次インタビュー
今回は、福祉保育科3年次の2人に登場してもらいました。
育成保育学生 神田さん
福祉保育課(昼間部)3年次
  育成保育学生 長山さん
福祉保育科(昼間部)3年次

 

まず出身地を教えてください。
神田さん 神田さん
糸満市の出身で、糸満高校を卒業しました。
 
長山さん 長山さん
うるま市の与勝出身です。西原高校に通っていました。
 
3年生の7月に体験した保育実習はいかがでしたか?
神田さん 神田さん
糸満市の保育所で約1カ月間の保育実習をしました。子供たちがとにかくタフで元気なことに驚きました。
 
長山さん 長山さん
うるま市にある保育所に行きました。0歳児から4歳児までいて、年齢によってどこまで援助していいのか迷ったりしました。0歳児への授乳もしましたが、かなり緊張しました。
 
保育実習で楽しかったこと、悩んだことは?

保育実習の風景
(※写真はイメージです。今回のインタビューとは
関係ありません。)
神田さん 神田さん
楽しかったことは、子供たちが積極的に関わってきてくれたことです。遊びの相手をしていたら休む時間がないほどでした。
悩んだことは「子供にどこまで教えるべきか」です。例えばケンカの仲裁なら、何がいけないのか一から十まで全て教えるほうがいいのか、子供に自分で気づかせるほうがいいのか、迷うことが何度もありました。あと、毎日の実習の計画づくりには悩みました。
長山さん 長山さん
保育所の夕涼み会にむけて子供たちと踊りの練習をしたのですが、日々成長していく姿を見るのがとても楽しく思いました。
書類づくりというか、日誌を作成して指導案を細かく決めるのは苦手でした。
 
学校で学んだことのなかで、保育実習で役立ったことがありましたか?
神田さん 神田さん
ピアノ、絵本の読み聞かせ、わらべ唄、手遊びなど、学校で学んだことが子供たちを相手にするときに役立ちました。
 
長山さん 長山さん
絵本の読み聞かせのとき、文字を読むだけでなくて「みんなも一緒にやってみよう」と声かけする工夫など、授業で学んだことを活かせました。園児の反応も良かったです。
 
“育成保育”で3年間学んできて、印象に残る授業はありますか?

煎茶道の授業
神田さん 神田さん
子供の手本となるよう、ていねいな言葉づかいをするよう実習先で言われたのですが、“育成保育”の接遇マナーの授業などで言葉づかいやマナーを学んだのが役立ちました。
学校で救護法を学んでいて、いざというときにどう対応すればいいか知識があるので、子供たちを相手にしていても不安なく落ち着いていられたと思います。
長山さん 長山さん
学校で「煎茶道」を学んだんですが、茶の道具も作法も全部初めてだったので新鮮な体験でした。もてなしの心、人をうやまう心を学ぶことができました。
 
入学する前の自分と、今の自分、どんなところが成長したと思いますか?
神田さん 神田さん
入学したころは、高校生気分が抜けていなくて子供だったなと思います。
今はだいぶ落ち着いて「誰かに迷惑をかけないようにしよう」「社会に通用するように、マナーや言葉づかいを心がけよう」と思えるようになりました。とにかく“あいさつが一番大事”ということを学校で常に教えられました。
 
長山さん 長山さん
昔は「授業に出てさえいればいいや」などと思いがちでした。でも保育実習を終えてから、あらためて学校で授業を受けると「あ、これ判る!」と気づくことがいっぱいあります。1年次のころとは全然ちがうなと思いました。
 
学校のイベントなどで心に残っていることは

ピアノ発表会
神田さん 神田さん
1年次のとき、12月にピアノの発表会があって、GReeeeNの「遥か」を弾きました。高校時代までピアノも楽器もほとんど触ったことがないのですが、入学してから6ヵ月間の個人レッスンで、自分も同級生もずいぶん上達したなと感動しました。
発表会後のプレゼント交換も楽しかった思い出があります。
長山さん 長山さん
私もピアノ発表会には力を入れて「戦場のピアニスト」を弾けるようになりました。30分の個人レッスンをフルに活かして1曲しあげたときは、とても達成感がありました。
あと、3年次のみんなでリクリエーション活動に参加したことが印象に残っています。大縄跳びをチームで何回飛べたかとか、ゲートボールとか、いろいろ頑張りました。
 
 
あなたの趣味は? 休みの日は何をしていますか?
神田さん 神田さん
休みのときは、気に入った曲の譜面を探してピアノで弾いています。あと、車の手入れです。
 
長山さん 長山さん
ダンスが趣味で、高校のときにマーチングの全国大会へ行ったこともあります。休日には小学校のマーチングバンドの指導もしています。
 
アルバイトはしていますか? 勉強と両立するため、どんな工夫をしていますか?
神田さん 神田さん
保育実習を始める前はスーパーでアルバイトしていました。バイト前・バイト後に勉強時間を1時間2時間つくるだけでも、かなり効果がありました。
 
長山さん 長山さん
私もアルバイトしていたころは、覚えたことを運転しながらでも暗唱したり、アルバイトの休憩中でも教科書を開いて読んでいました。
 
“育成保育”を選んだきっかけは何ですか?
神田さん 神田さん
いくつかの専門学校による合同説明会があったとき、“育成保育”の局長とお話する機会があって、その考えや人柄に感心しました。オープンキャンパスにも参加して、学校の雰囲気がよく、学生の明るい笑い声がひびいて、糸満からは遠いけれど“育成保育”に行くことを決めました。
 
長山さん 長山さん
高校のときに「資格が大事だよ」と聞かされていたので、資格がたくさん取れる“育成保育”を候補として考えました。入学案内パンフレットを見て、“育成保育”には独自のカリキュラムの授業がたくさんあるのに魅力を感じました。
 
これから保育士をめざす後輩たちへのアドバイスをお願いします。
神田さん 神田さん
1年次・2年次のときに学んだことが、3年次になって全て活きてきます。
1年次の時は「こんなこと勉強しなくてもいいでしょ」と感じることが多かったけれど、3年次になって保育実習を体験したら「こんなに役立つことだったんだ」「必要なことだったんだ」と気づきました。学んだことに無駄はなかったと思います。
 
長山さん 長山さん
3年間学んできて、学院長や局長や先生方が、ちゃんと一人ひとりの学生に目を向けてくれていることを実感しています。悩んだこと困ったことがあったら、一人で考えこまないで、先生方に相談して頼ったらいいと思います。
 
保育士のこと以外に、将来チャレンジしたいことは?
神田さん 神田さん
今までマラソンに参加したことがないので、いつか那覇マラソンで完走してみたいです。
 
長山さん 長山さん
自分はダンスのレッスンを就職してからも続けていきたいと思います。
 
将来、どんな保育士になりたいですか。
神田さん 神田さん
子供たちに親しまれると同時に、ちゃんと子供たちの人間性を高められる保育士になりたいです。相手の気持を思いやることができて、人と積極的に関われる活発な子供にしてあげられるようになりたいと思います。
 
長山さん 長山さん
保育実習をした保育所の先生方が、子供のちょっとした体調の変化にすぐ気づくことに感心しました。私も、子供たちの体や心を敏感に感じとることができる保育士になりたいです。
 
 
オープンスクール
  •  
  •  
戻 る